女医

病気を防ぐためには│大腸がんについて知って予防する

風邪や禁煙外来

医療器具

内科では、さまざまな治療が行われています。禁煙外来の投薬治療などもあります。城東区にも内科は複数存在しています。そのため、評判の良い病院を探す必要があるのです。

Read

受診する時の基礎知識

外観

人気のある平野区の病院は外来診療に意欲的であり、救急患者も積極的に受け入れているので地域の評価も高いです。小児診療や各種手術に対応している病院は便利であり、受診する時にはウェブサイトの情報が役立つでしょう。

Read

膠原病の総合的な治療

医師と看護師

世田谷のリウマチ専門のクリニックでは各医療分野のエキスパートが連携して患者の健康状態を確認しています。これは定期的な検査を通じて身体各部の状態を把握するもので、病気の重篤化を防ぐ為にも不可欠な取組みです。

Read

痔と勘違いしないで

医師と患者

多くの人が罹患しています

大腸がんの患者数は多く、男性の死因第3位、女性の死因第1位です。誰もが罹患する可能性のある病気ですので、大腸がんに対して正しい知識を持ち、病気の予防や早期発見に繋げましょう。大腸は、回盲部から始まり上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸と続く管状の臓器です。食べ物の水分を吸収して、糞便を形成する器官です。大腸がんは、結腸がんと直腸がんにわけられ、S状結腸がんと直腸がんが一番多いです。大腸がんの初期ではあまり症状はなく、便秘と下痢を繰り返す、お腹が張る、などです。がんが進行してくると、がんにより腸管内が狭くなって便が細くなったり、腸閉塞を起こしたりします。さらに、便が腸管内を進むときにがんに当たって、便に血が混じったり下血することもあります。

早期発見が大切です

便に血が混じったり下血する場合は、痔と間違われやすいので注意が必要です。血が見られた場合は、必ず内科や外科、肛門科を受診して、痔があるのかどうか診察してもらいましょう。出血が極少量の場合は、自分で気づかないこともあります。40歳以上は各自治体で行われる健診で、便潜血反応の検査を毎年受けることができるので、必ず毎年受けるようにしましょう。大腸がん患者数の増加の背景には、食事の欧米化が原因と言われています。食物繊維のとる量が少なく赤身の肉や脂分を多く摂取し続けると、大腸がんに罹患しやすくなると言われています。ですが、お肉は大切なタンパク源で必要ではあるので、野菜も入れてバランスよく適度に食べるようにしましょう。大腸がんは早期発見できれば、高い確率で完治が見込めます。出血の兆候があれば、早めに病院を受診するようにしましょう。